About

サイト名

しゃしんのまど / SHASHINNOMAD

実店舗

アトリエ しゃしんのまど / atelier SHASHINNOMAD

設立

2019年10月1日(実店舗は2020年4月1日〜)

代表

窪山 洋子 / Hiroko Kuboyama

所在地

〒532-0025 大阪市淀川区新北野1-11-23 ハイム北野B103

業務内容

ギャラリー運営、額装コーディネート事業、写真の保存活用事業、付随する各種コンサルティング事業、ECサイト運営

しゃしんのまど は、アート作品やご自身で撮影したお気に入りの写真、ご家庭で保有する家族アルバムや紙焼き写真など、様々な写真の『魅せ方』や『残し方』のお困りごとに特化した相談窓口です。この活動は、しゃしんのまどを運営する窪山洋子が、2009年に開廊した写真専門ギャラリー:ブルームギャラリーに寄せられたお客様の声から生まれました。ギャラリストとして10年以上活動する中で、写真の「魅せ方」や「残し方」をより多くの人に知ってもらう場場所をつくりたい!展示方法や写真の保管方法でお困りの方がいたら、一人で悩まず気軽に相談に来てほしい!そんな想いからスタートしました。

実店舗(アトリエ・しゃしんのまど)では、具体的なお困りごとに対して、ギャラリー業で培った専門家とのネットワークを生かし、様々な写真に纏わる相談の場を提供したいと考えます。また、ご持参いただいた作品や紙焼き写真に対して、お客様のご要望やご予算に合わせた額装や保存、写真整理のご提案をさせていただきます。遠方やご来店が難しい方には、オンラインでのご相談も承っておりますので、お気軽にご利用ください。

しゃしんのまどの活動を通じて、「モノ」としての写真の魅力を広め、大切なものを未来に残していく。そのお手伝いができれば嬉しいです。

スタッフ紹介

窪山洋子 HIROKO KUBOYAMA

2009年 写真専門ギャラリー「ブルームギャラリー」を設立。
主に西日本にゆかりのある作家の紹介をしながら、作家だけでなく幅広い世代に写真の飾り方や残し方を広める活動を開始する。ギャラリー活動のほか、ディレクターやコーディネーターとしても、行政との協働事業や数々のアートプロジェクトに携わる。
2011年におきた東日本大震災をきっかけに、仕事で関わってきたアートとしての写真のみならず、一般家庭で保有する何気ない家族写真や風景写真、行事ごとの写真を残す意義を強く感じる。ギャラリー業の傍ら大学院に通い文化資源としての写真を研究することで、様々な写真との出会いの場、語れる場が少ないことを実感。また、モノとしての写真の魅せ方や残し方を気軽に相談できる場の必要性を感じ、2019年に「しゃしんのまど」を開設。
ギャラリー経験で培った知識やノウハウ、ネットワークを活かして写真を未来に残していく活動を展開している。

沿革&主な活動履歴

沿革

2009年

ブルームギャラリー設立

2012年

額装コーディネイトを開始

2017年

学校や写真教室向け額装・展示ワークショップを開始

2019年

写真相談の窓口「しゃしんのまど」を開設。
写真整理アドバイザー業を開始

2020年

額装や写真整理の実店舗「アトリエしゃしんのまど」を開設。

主な活動履歴・保有資格等

主な講義実績

・大阪市立大学大学院創造都市学科
・大阪芸術大学写真学科
・日本写真映像専門学校
・ビジュアルアーツ専門学校・大阪
 その他、大学や専門学校での講義多数

主な展示・額装ワークショップ実績

・大阪府立江之子島文化芸術創造センター(額装WS)
・写真表現ラボ Nagy(展示・額装WS)
・写真楽園Club SEI-G(額装WS)
 その他、写真教室や文化施設で実施多数

主なレビュアー実績

入江泰吉記念写真賞(2018年)審査員
KYOTOGRAPHIE(京都)、Unknown Asia(大阪)、御苗場(大阪)等、国際的なアートイベントのレビュアー経験多数

主な資格等

写真整理上級アドバイザー資格((社)写真整理協会)
写真整理スペシャリスト認定研修修了((社)写真整理協会)
学芸員資格保有
大阪市立大学大学院創造都市学科修士課程修了(都市政策)