【とおのおと(木津川)】Making / 鐘と煙のセッション

鐘と煙のセッション とは

 鐘と煙のセッションは、とおのおと に参加する伊吹拓(絵画)と辺口芳典(詩、言葉)の2人が、当尾を舞台に複数回繰り広げた共創作品です。2人のセッションは2020年の年明けとともにスタートし、1月4日と18日の2日間、当尾の郷会館(旧当尾小学校)の校庭で公開イベントを実施しました。当尾にある廃材を利用した煙づくりには、地元の方や見学に来た方々も多数参加。そのセッションの様子を映像作家のsugahara kouji氏が撮影し、映像にまとめました。撮影にあたっては木津川市とも縁深いkitamori mitsuru氏がドローン撮影で協力。映像に厚みが生まれ、当尾の魅力がつまった作品となっております。

とおのおと の本編では、伊吹拓×辺口芳典のペア展示として「鐘と煙のセッション」から生まれたコラボ作品と映像を展示。アクリル板にペイントした伊吹拓の作品に辺口芳典の言葉が添えられ、当尾の郷会館の2階の窓際にランダムに並べられました。当尾の自然を背景にした2人作品は、時間帯や気候によって見え方が変化するため、毎日様々な表情を楽しんでいただけるのも魅力のひとつです。そして、展示会場を抜けた先にsugahara kouji氏の映像作品を配置。会場の廊下に微かな鐘の音と声が響くことで自然と来場者の足は映像作品に向かい、多くの方が作品を鑑賞されました。20分以上の映像ではありますが、当尾を舞台としていることもあり、作品としてじっくり楽しまれる方から映像を見ながら談笑する地元の方まで、幅広い世代に好評でした。

このアーカイブページでは、展覧会場で流していた「鐘と煙のセッション」の映像作品をフルバージョンでご覧いただけます。お時間あるときに、ぜひお楽しみください。
(個人的にはBGMとして聞いていただくのもオススメです。)

左から 伊吹 拓(絵画)、辺口 芳典(詩、言葉)、窪山 洋子(ディレクター)

概要

イベント開催日

1日目:2020年1月4日(土)
2日目:2020年1月18日(土)

イベント場所

当尾の郷会館(旧当尾小学校)の校庭

展覧会期間

2020年2月15日(土)~2月29日(土)
10:00〜16:30

展示会場

当尾の郷会館(旧当尾小学校)の2F
〒619-1131 京都府木津川市加茂町辻下垣外16番地

タイトル

鐘と煙のセッション

作家

伊吹 拓(絵画)、辺口 芳典(詩・言葉)

ディレクター

窪山 洋子(BLOOM GALLERY、しゃしんのまど)

動画撮影・編集

sugahara kouji

ドローン撮影

kitamori mitsuru

Thanks

一緒にセッションに参加いただいた みなさま

Exhibition Archive

映像作品 (22分57秒) 

Videographer / sugahara kouji

展示の様子 

Photographer / Tadashi Hayashi

Event Archive

DAY#01 2020.1.4

photo by sugahara kouji

DAY#2 2020.1.18

photo by sugahara kouji

搬入の様子

photo by sugahara kouji

今回、窪山は「とおのおと」の中で、伊吹拓さんと辺口芳典さんペア展のディレクターを担当させていただきました。とは言っても、ディレクターというより一番近くで2人のセッションを楽しんだ人、と紹介してもらう方が正しいかもしれません。

「鐘と煙のセッション」は、明確なコンセプトを設けた作品ではありません。3人でたくさんの対話をする中で浮かんできたアイデア × 当尾の土地と対峙する中で自然発生的に生まれた個々のアクション、その掛け合わせから生まれたものです。

ただ、それだけでは作品にはなりません。そこに動画の撮影と映像編集を担ってくれたのがsugahara koujiさんでした。彼の視点が加わることで、今回「鐘と煙のセッション」は初めて作品として産声をあげることができました。

ただ、それだけでは完成した作品にはなりません。ドローン撮影で協力してくれた北森さん、煙づくりに参加いただいた皆さま、煙づくりの実現に向けて、多大なる協力やアドバイス、様々な手配をしてくれた地元の方や木津川区役所の職員の方々。彼ら彼女らが舞台を準備してくれたおかげで作品を完成させることができました。
つまり、「鐘と煙のセッション」は、伊吹さんと辺口さんの2人のセッションの枠を越え、当尾×私たち関わったみんなによるセッションです。

あらためて、セッションに参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

最後に、少しだけ近況報告を。

とおのおと のセッションからちょうど1年が経ちました。イベントは終わりましたが、伊吹×辺口×窪山×sugaharaの4人で、「鐘と煙のセッション」の続き を企んでいます。今回、どのような形に着地するかわかりませんし、どこで開催するかも決まっていません。でも、何か4人で面白いことができたらいいな。そのワクワクをカタチにしていきたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる